• 研究機関
その他

ノーベル生理学・医学賞 1992年 エドヴィン・クレープス:エドモンド・...

エドヴィン・クレープスは、アメリカ出身の生化学者です。1992年に『可逆的タンパク質リン酸化による細胞プロセス調節スイッチの発見』でノーベル生理学・医学賞を受賞しました。この受賞はエドモンド・フィッシャーとの共同研究によるもので、同時受賞しています。そんなエドヴィン・クレープスの受賞までの道のりについて詳しく解説していきます。

その他

ノーベル生理学・医学賞 1989年 マイケル・ビショップ:ハロルド・ヴァ...

マイケル・ビショップは、アメリカ出身の免疫学者・微生物学者です。1989年に『レトロウイルスのガン遺伝子が細胞起源である事の発見』でノーベル生理学・医学賞を受賞しました。この受賞はビショップとハロルド・ヴァーマスの共同研究によって成されたもので、今回はビショップの側から見た受賞までの道のりについて解説していきます。

その他

ノーベル生理学・医学賞 1991年 エルヴィン・ネーアー:ベルト・ザクマ...

エルヴィン・ネーアーは、ドイツ出身の生物物理学者です。1991年に『細胞内に存在する単一イオンチャネルの研究と測定法の発見』で細胞生理学者のベルト・ザクマンと同時にノーベル生理学・医学賞を受賞しました。そんなエルヴィン・ネーアーの受賞までの道のりについて解説していきます。

アジア

ノーベル生理学・医学賞 1987年 利根川進 : 抗体生成の遺伝的原理を解...

利根川進は、日本人として始めてノーベル賞を受賞した生物学者です。自然豊かな町で伸び伸びと育った利根川は幼い頃から自然に興味があり、大人になってからもその好奇心を失うことなく研究者への道を選びました。そんな利根川進は1987年、抗体生成の遺伝的原理を解明したことによってノーベル医学賞を受賞しました。

その他

ノーベル生理学・医学賞 1988年 ガートルード・エリオン:女性研究者の...

ガートルード・エリオンは、アメリカ合衆国出身の薬理学者です。彼女が活躍していた時代は、女性が研究者になることはまるで夢物語かのように扱われていました。そんな時代に彼女はたった一人で研究を行い、しかも従来にはない新しい目線で研究に取り組み白血病の治療薬「メルカトプリン」を始めとした新薬をいくつも開発しました。それらの功績が認められ、1988年ジェームス・ブラック、ジョージ・ヒッチングスと共にノーベル生理学・医学賞を受賞しました。

その他

ノーベル生理学・医学賞 1988年 ジェームス・ブラック : 創薬研究の父...

ジェームス・ブラックはイギリスの医師・薬理学者です。病を治すためには、その病の根本的な原因を突き止めることと、治療するための薬を摂取することが必要だという提唱をしたブラックは「プロプラノロール」や「シメチジン」などの薬を開発しました。そしてこれらの功績が認められ1988年ノーベル生理学・医学賞の受賞に至りました。

その他

ノーベル生理学・医学賞 1986年 スタンリー・コーエン:上皮成長因子を...

スタンリー・コーエンは、細胞の成長に必要な上皮成長因子を発見したアメリカの生化学者です。それらは現在応用され、化粧品に含まれる有効成分として利用されるほか、抗がん剤にも使用され、私達の生活になくてはならない物となっています。そしてこれらの実績が認められ、1986年リータ・レーヴィ・モンタルチーニと共にノーベル生理学・医学賞を受賞しました。

その他

ノーベル生理学・医学賞 1985年 マイケル・ブラウン:スタチン開発の基...

マイケル・ブラウンはアメリカの遺伝学者です。彼はジョセフ・ゴールドスタインとともに、血中コレステロールを低下させ、心臓病や脳卒中を防ぐスタチンという薬を開発する基礎を築きます。そして1985年に、コレステロールの代謝とそれに関する疾患の研究によりノーベル生理学・医学賞を受賞しました。そんなマイケル・ブラウンの受賞までの道のりを解説します。