• 芸術家
アート

ルネ・ラリック:ジュエリー・デザイナーからガラス工芸家へ

ルネ・ラリックは1860年フランス、シャンパーニュに生まれた芸術家です。アール・ヌーヴォーとアール・デコの両時代に渡り活躍したことでも知られており、当初はジュエリー・デザイナーとしてキャリアを確立したものの、50歳過ぎになってからガラス工芸の経営者に転身するなど、さまざまな工芸に取り組んだ多彩な人物でもありました。

アート

ブールデル美術館:ロマンある彫刻の世界が広がる

彫刻は、絵画と違って何処か写実的で官能的な世界に誘ってくれます。そんな彫刻の世界をふんだんに楽しめるこちらのブールデル美術館は、世界的にも著名な彫刻家アントワーヌ・ブールデルの元アトリエ兼住居です。かつてこの地から生まれたであろう、作品の数々の余韻に浸ることが出来ます。そんなブールデル美術館について、詳しく解説していきます。

アーティスト

ミケランジェロ・ブオナローティ:肉体美の巨匠

ミケランジェロ・ブオナローティは筋肉の微細な動きを繊細に表現する優れた才能と創作能力を兼ね備えた芸術家です。現代でも変わらず高く評価されているルネサンスの三大巨匠のうちの一人で、1963年に発行された10000リラ紙幣にはミケランジェロの肖像が描かれています。代表作はシスティーナ礼拝堂のフレスコ画や「ピエタ」、「ダヴィデ像」などの彫刻があります。ローマ法王やカトリック教会など裕福で権力のある人物から依頼を受け、リアルに近づけ理想の肉体美を創り出し、強さを兼ね備えた芸術品を世に送り出しています。また、生きている間に伝記が出版された最初の西洋美術家で、絵画だけでなく彫刻や建築においても偉大な業績を残しました。

アーティスト

ヘンリー・ムーア:イギリス近代美術を世界に広めた抽象彫刻家

ヘンリー・ムーアは20世紀のイギリスを代表する芸術家及び彫刻家です。彼はヨークシャーのキャッスルフォードで生まれ、大理石やブロンズを使った大きな抽象彫刻を制作したことで多くの人に知られています。イギリスの美術界から厚く信頼され、多大な支援を受けてきた彼はイギリス近代美術を世界に広めた第一人者としてその期待に貢献しました。

アート

国立美術館:1896年開館の歴史ある美術館

アルゼンチンにある国立博物館は、南米屈指の充実したコレクションを所蔵した美術館です。モネやマネ、レンブラントやクールベなど、世界的な知名度を誇る画家の作品を、惜しげもなく公開しています。オレンジ色の宮殿のような建物自体も注目でしょう。所蔵作品の総数は12,000点を超えており、膨大なコレクションを満喫できます。ブエノスアイレスを訪れたら必見でしょう。アルゼンチンの国立博物館の歴史やコレクションを紹介します。

アーティスト

マグリット美術館:世界的なコレクション数を誇るマグリット専門の美術館

ベルギーの首都・ブリュッセルにあるマグリット美術館は、芸術家マグリット専門の美術館です。マグリットが企業へ勤めていた頃の作品や絵画、書簡、インタビューなど、貴重なコレクションが収められています。今回は、そんなマグリット美術館についてご紹介していきましょう。

アーティスト

マイヤー・ファン・デン・ベルグ美術館:至極の個人コレクション

マイヤー・ファン・デン・ベルグ美術館は、美術品コレクターであったマイヤー・ファン・デン・ベルグが収集したコレクションを展示しています。短い生涯の間、彼がこれだけ膨大な数のコレクションを収集した事に心から感服します。今回は、そんなマイヤー・ファン・デン・ベルグ美術館について、詳しく紹介していきましょう。