• 遺跡
アート

イスタンブール考古学博物館:歴史的価値の高い古代美術品を多く所蔵する...

イスタンブール考古学博物館はトルコのイスタンブールにある博物館です。オスマン帝国時代に国内全土から集められたコレクションは、豪華な装飾のある石棺や神殿の遺跡・彫像など約100万点にものぼります。また、歴史研究の分野でも世界中から注目を集める施設です。そんなイスタンブール考古学博物館の歴史と所蔵品について、詳しく解説していきます。

アート

国立考古学民族博物館:グアテマラの考古学と民俗学研究の聖地

中央アメリカに位置するグアテマラにあるのが、国立考古学民族博物館です。マヤ文明の石版や人形、レリーフなど、考古学的な価値の高いコレクションが公開されています。総数25,000点以上になる圧巻のコレクションは必見でしょう。中庭を中心に設計された美しい建物も注目です。この記事ではグアテマラの国立考古学民族博物館の歴史やコレクションを紹介します。

アート

ホヤ・デ・セレン遺跡・博物館:世界遺産ホヤ・デ・セレンのための博物館

中央アメリカのエルサルバドルにあるのが、世界遺産にも認定されたマヤ文明のホヤ・デ・セレン遺跡です。1976年に発見された遺跡は美しい状態が維持されており、マヤ文明の生活様式を解明する大きな手がかりとなりました。この博物館のエリアでは10棟の建物や台所、共同浴場などが公開されています。付属の博物館では遺跡から出土した器や壺など、貴重なコレクションが沢山あります。この記事では、ホヤ・デ・セレン遺跡と付属の博物館の歴史や見どころを紹介します。

アート

プマプンゴ博物館:エクアドルの先住民の歴史を巡る博物館

エクアドルにあるプマプンゴ博物館は、先住民の歴史を中心にコレクションを公開している博物館です。コンクリート造りのモダンな建物は銀行の敷地内に建てられており、とても洗練された印象があります。館内は4つのフロアに分かれており、エクアドルの民族文化のほか、希少なコインコレクションも公開しています。また、2017年にバチカンから返還された先住民の「干し首」は、博物館のハイライトでしょう。プマプンゴ博物館の歴史や見どころを紹介します。

アート

エルサルバドル美術館:エルサルバドルを代表する現代アートの美術館

エルサルバドル美術館は中米のエルサルバドルにある現代美術館です。白を基調としたモダンな建物内には、主にラテンアメリカ出身のアーティストの作品が展示されています。また美術館前に展示された巨大なオブジェは美術館のランドマークとして知られています。絵画や彫刻、インスタレーションなど、見どころ豊富な美術館です。

アート

バガン考古学博物館:ミャンマーの貴重な考古学コレクション

ミャンマーの世界遺産地区バガンにあるのがバガン考古学博物館。バガンの仏塔や遺跡からの貴重な品々を展示した博物館です。美しく巨大な寺院のような建物内では、バガン伝統の服装や芸術作品、仏像などのコレクションが公開されています。総数3,000以上の仏塔や寺院があるバガンを訪れたら、必ず見ておきたい施設のひとつでしょう。ミャンマーのバガンにあるバガン考古学博物館の歴史や見どころを紹介します。

アート

スタンリー・ボッグス博物館:マヤ文明の遺跡タスマル付属の博物館

は、エルサルバドルを代表する遺跡のひとつ「タスマル遺跡」に付属した博物館です。タスマル遺跡から出土した器や彫刻、装飾品を主に公開しています。白色と赤色のシンプルな建物内で、マヤ文明の神秘に触れてみるのもよいでしょう。また、隣接するタスマル遺跡は、複合的な建造物があるエルサルバドル屈指の見どころです。博物館と合わせて足を運んでおくことをおすすめします。この記事では、スタンリー・ボッグス博物館の歴史や見どころを紹介します。

アート

シャンルウルファ博物館:旧石器時代からイスラム時代までの出土品を所蔵...

シャンルウルファ博物館は、トルコ・シャンルウルファにある考古学博物館で、1969年に開館しました。シャンルウルファとその周辺地域から発掘された資料を中心に、約1万点のコレクションを保管しています。2015年から現在の建物へ移転し、14室のメイン展示ホールや考古学研究エリアなど、充実した展示内容となっています。そんなシャンルウルファ博物館の歴史と所蔵品について詳しく解説していきます。