• 郷土料理
アジア

ジャレビ:インドで広く庶民に親しまれている祝い菓子

インドで広く庶民に親しまれている甘いお菓子です。インドではジャレビは「祝い菓子」として独立記念日や共和国記念日などのように全国的な祝い事の時、軍事施設や役所などで振る舞われていました。特別なお菓子として国民から愛されているジャレビは現在では日常的に食べることができるようになっています。また庶民のお菓子としてストリートで量り売りされていることもあります。

アジア

シーク・カバーブ:旨味凝縮!ひき肉を串に巻いて焼き上げる一品

シーク・カバーブは、インドやパキスタン・バングラディッシュなどを中心とした南アジアで愛されているインド料理の1つです。ミンチ肉を串に巻いて焼く豪快さが特徴で、スパイシーな香りが食欲をそそります。トルコ料理によく似た「シシュ・ケバブ」がありますが、タンドールという壷窯型オーブンを使用するのはシーク・カバーブならではの調理法です。そんなシーク・カバーブの歴史と特徴について詳しく解説していきます。

アジア

キール:インドの伝統的な甘いおかゆ

キールはインドの伝統的なデザートでお米を牛乳で煮込んだ甘めのおかゆです。英語ではライスプティングといわれています。トロっとした食感がプティングのようです。インドではデザートをお店で購入することが多いのですが、キールは家庭で簡単に作ることができるデザートになります。インドでは普段の食卓にのぼることも多いといえるでしょう。

北米

ジャンバラヤ:シンプルでスパイシー、食べ応えばっちりの炊き込みご飯

ジャンバラヤはケイジャン料理(辛いスパイスを使用した料理)といわれるものの一つで、食べ応えのある食材とスパイシーな味付けが人気の料理です。アメリカ南部、ルイジアナ州に古くから伝わる郷土料理です。現在ではアウトドアの定番メニューにもなり多くの国で広く親しまれています。そんなジャンバラヤの歴史と特徴について詳しく解説していきます。