• 12月
エンタメ

ゼキ・ウクテン:トルコ出身の映画監督

ゼキ・ウクテンは1941年8月4日に生まれた映画監督です。高校在学中に演劇に興味を抱くようになり、助監督として映画製作のキャリアをはじめたのち、長編映画の監督としてデビューし、徐々に評価されるようになっていきました。その作品は故郷のトルコを題材にしたものも多く、トルコの歴史から社会問題を知るうえで重要な作品となっています。そんなゼキ・ウクテンの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

ジリアン・アームストロング:時代劇を得意とする女性監督

ジリアン・アームストロングはオーストラリアのビクトリア州メルボルンに生まれた人物で、長編映画やドキュメンタリーを制作している映画監督です。特に時代劇を主題とした作品を数多く制作しており、女性を主人公とした作品は非常に高い評価を受けています。そんなジリアン・アームストロングの人生と主要な作品についてご紹介します。

ビジネス

ジョンズ・ホプキンズ:篤志活動も熱心に行ったアメリカを代表する実業家

ジョンズ・ホプキンズは1795年5月19日アメリカ合衆国メリーランド州アナランデル群に生まれた実業家です。おじから任された店の経営や鉄道への投資などで財を成し、またジョンズ・ホプキンズ大学をはじめとする学校の創設や黒人向け孤児院の設立など、多数の篤志活動にも関わりました。そんなジョンズ・ホプキンズについて詳しく解説していきます。

エンタメ

ジョン・カサヴェテス:『グロリア』や『こわれゆく女』を制作した映画監督

ジョン・カサヴェテスは1929年12月9日アメリカ合衆国ニューヨークに生まれた映画監督で、俳優としてデビューしたのち、徐々に映画監督として名を知られるようになっていきました。特に『グロリア』はヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞するなど、高い評価を受けています。そんなカサヴェテスの人生と作品について詳しく解説していきます。

ビジネス

ジェームズ・ブキャナン・デューク:アメリカン・タバコ・カンパニーの創設者

ジェームズ・ブキャナン・デュークは1856年12月23日にアメリカ合衆国ノースカロライナ州ダーラムに生まれた実業家です。アメリカン・タバコ・カンパニーの経営者であり、デューク大学の創設にも関わったことで知られています。そんなジェームズ・ブキャナン・デュークについて詳しく解説していきます。

エンタメ

シェーカル・カプール:ラホール出身の映画監督

シェーカル・カプールは、1945年12月6日イギリス領インド帝国ラホールに生まれた映画監督です。もともとは会計士になるためにイギリスへ渡ったものの、映像関係の仕事を始めるようになりました。その後、1983年には映画監督としてデビュー。特にエリザベス1世の生涯を描いた1998年の『エリザベス』が大変な話題となりました。そんなシェーカル・カプールの人生と生涯について詳しく解説していきましょう。

アート

ジェイン・オースティン:『高慢と偏見』『エマ』を執筆した小説家

ジェイン・オースティンは1775年12月16日イングランドの南部ハンプシャーに生まれた小説家です。18世紀から19世紀イングランドにおける田舎の中流社会を舞台として女性の私生活や結婚をテーマとして小説を執筆したことで有名で、その作品は近代イギリス長編小説の代表作とされています。そんなジェイン・オースティンの人生と作品について詳しく解説していきます。

アート

サマセット・モーム:『月と六ペンス』を執筆した小説家

サマセット・モームは1874年1月25日フランス、パリに生まれた小説家です。第一次世界大戦中は医師として従軍したのち、1919年には『月と六ペンス』を発表。その平明な文体が評判となり、作家としての地位を確立。その後も数々の作品を発表し、イギリスを代表する小説家となっていきました。そんなサマセット・モームの人生と作品について詳しく解説していきます。