• 1883年
その他

ノーベル生理学・医学賞1931年オットー・ワールブルク:呼吸酵素の特性お...

オットー・ワールブルクはドイツの生理学者です。彼は体内にあるミトコンドリアが酸素を取り込むことで食物をエネルギーに変えることを証明し「呼吸酵素」を発見した功績により1931年にノーベル生理学・医学賞を受賞しました。そんなオットー・ワールブルクの受賞までの道のりを詳しく解説していきます。

アーティスト

モーリス・ユトリロ:白の画家

モーリス・ユトリロは、1883年フランス・パリで生まれた画家です。家庭環境に恵まれなかった事が原因で、アルコール依存症や精神障害を患いました。治療の一環として絵画制作を開始しましたが、入退院を繰り返し、生涯に渡ってアルコール依存症に苦しめられました。しかし、アルコール依存症を患った初期、「白の時代」に描いた作品が最も評価を受けています。そんなユトリロの生涯と、作品とはどのような物だったのでしょうか。

アーティスト

ヨハネス・イッテン:バウハウスと教育

ヨハネス・イッテンは1888年スイスのベルンに生まれた芸術家であり、バウハウスの教育者でもあった人物です。主に色彩論や造形論でも知られており、バウハウスの予備課程を担当したことから、多くの者たちがイッテンのもとで学び、巣立っていきました。そんなイッテンの教育とはどのようなものだったのでしょうか。

アート

フランツ・カフカ : 父親と社会

フランツ・カフカは19世紀の末、チェコに生まれた小説家です。シュールで非現実的な作風が特徴で、一義的で単純な解釈を阻むかのような作品群は、現代でも様々な解釈を生んでいます。そんな彼の作品の中で繰り返し現れるモチーフが「父親」と「社会」。この2つのモチーフを取り上げながら、彼の魅力に迫って行きましょう。