• 19世紀
アート

ハーバート・ジョージ・ウェルズ:オーバー・テクノロジーSFの父

ーバート・ジョージ・ウェルズはイングランドの小説家です。もともとは教師を目指し教員免許を取得しますが、教育業界独特の閉鎖的で無改革な風潮に疑問を抱き、1893年から作家活動を開始します。そして1895年の「タイム・マシン」のヒットにより人気作家となり、主に現実にある科学技術を誇張し、趙化学やスーパーテクノロジーを壮大に描いた作品を作り上げていきました。

アーティスト

アルフォンス・ミュシャ:アール・ヌーヴォーの巨匠

アルフォンス・ミュシャは1860年のオーストリア、モラヴィアに生まれたグラフィックデザイナーかつ、画家である人物です。華麗な曲線を多用したデザインは当時の芸術界で絶賛され、イラストレーションと絵画の両方で20世紀美術に残る名作を数多く残しました。そんなミュシャの生涯と作品とはどのようなものだったのでしょうか。

アーティスト

エドゥアール・ヴュイヤール:アンティミストの画家

エドゥアール・ヴュイヤールは1868年フランスのキュイゾーに生まれました。モーリス・ドニやピエール・ボナールなどナビ派の画家のひとりとして知られており、室内情景や日常生活など身近に親しい題材を好んでおり、自らを「アンティミスト」と称したことでも有名です。晩年は室内装飾や日本美術に影響を受けた屏風絵など、その制作の幅は絵画のみにとどまることはありませんでした。

アーティスト

ジェームズ・アンソール:仮面の画家

ジェームズ・アンソールは1860年ベルギーのオーステンデに生まれた画家です。その仮面や骸骨をモチーフとした独特な表現は、最初こそ異端児と嘲笑されたものの、20世紀からは徐々に人気が高まり、フランスのレジオン・ドヌール勲章を受章するほどでした。そんなアンソールの生涯や作品はどのようなものだったのでしょうか。

アーティスト

ジョルジュ・スーラ:点描の画家

ジョルジュ・スーラは1859年にフランス、パリに生まれた画家です。スーラは印象派の画家たちが用いた「筆触分割」という方法を応用し、点の集合を描いていく「点描」という方法を編み出しました。点描は非常に数学的かつ合理的なもので、構図や色彩、光などを緻密に計算されたこれまでにない新しい表現方法でした。そんなスーラの生涯と作品とは、どのようなものだったのでしょうか。

アーティスト

ピエール・ボナール:ナビ派の創設者

ピエール・ボナールは版画やポスターなど絵画にとどまらず様々な作品を制作したことで知られており、日本美術の影響を色濃く受けたことでも有名です。また室内情景などの身近なモチーフを好んで描いたことから、「アンティミスト」とよばれています。そんなボナールの生涯と作品とは、どのようなものだったのでしょうか。

アート

ルネ・ラリック:ジュエリー・デザイナーからガラス工芸家へ

ルネ・ラリックは1860年フランス、シャンパーニュに生まれた芸術家です。アール・ヌーヴォーとアール・デコの両時代に渡り活躍したことでも知られており、当初はジュエリー・デザイナーとしてキャリアを確立したものの、50歳過ぎになってからガラス工芸の経営者に転身するなど、さまざまな工芸に取り組んだ多彩な人物でもありました。