• 20世紀
アート

ハーバート・ジョージ・ウェルズ:オーバー・テクノロジーSFの父

ーバート・ジョージ・ウェルズはイングランドの小説家です。もともとは教師を目指し教員免許を取得しますが、教育業界独特の閉鎖的で無改革な風潮に疑問を抱き、1893年から作家活動を開始します。そして1895年の「タイム・マシン」のヒットにより人気作家となり、主に現実にある科学技術を誇張し、趙化学やスーパーテクノロジーを壮大に描いた作品を作り上げていきました。

アーティスト

アルフォンス・ミュシャ:アール・ヌーヴォーの巨匠

アルフォンス・ミュシャは1860年のオーストリア、モラヴィアに生まれたグラフィックデザイナーかつ、画家である人物です。華麗な曲線を多用したデザインは当時の芸術界で絶賛され、イラストレーションと絵画の両方で20世紀美術に残る名作を数多く残しました。そんなミュシャの生涯と作品とはどのようなものだったのでしょうか。

アーティスト

エドゥアール・ヴュイヤール:アンティミストの画家

エドゥアール・ヴュイヤールは1868年フランスのキュイゾーに生まれました。モーリス・ドニやピエール・ボナールなどナビ派の画家のひとりとして知られており、室内情景や日常生活など身近に親しい題材を好んでおり、自らを「アンティミスト」と称したことでも有名です。晩年は室内装飾や日本美術に影響を受けた屏風絵など、その制作の幅は絵画のみにとどまることはありませんでした。

アーティスト

ジェームズ・アンソール:仮面の画家

ジェームズ・アンソールは1860年ベルギーのオーステンデに生まれた画家です。その仮面や骸骨をモチーフとした独特な表現は、最初こそ異端児と嘲笑されたものの、20世紀からは徐々に人気が高まり、フランスのレジオン・ドヌール勲章を受章するほどでした。そんなアンソールの生涯や作品はどのようなものだったのでしょうか。

エンタメ

スコーピオンズ:ハード・ロック界の皇帝、4人のスーパー・ギタリスト

まだドイツが西と東に分かれていた頃、ハノーヴァーから彗星のごとく現れたバンドがスコーピオンズです。マイケル・シェンカー、ルドルフ・シェンカーと言った2人のスーパー・ギタリストを有するスコーピオンズは、苦難の末、ワールド・ワイドな成功を手に入れます。そして、その影には4人のギタリストの姿があったのです。

エンタメ

リンゴ・スター:ビートルズ以降/熱きリズムを刻みつづける

リンゴ・スターはビートルズきっての好人物。彼がいなければ解散はもっと早まったとの見方さえあります。「僕は誰とでも親友なんだ」という発言どおり、彼の元にはバックアップしてくれる著名ミュージシャンが多数存在します。ソロ・ヒットに続き俳優としても活躍しますが、私生活では離婚や放浪生活、そしてアルコール依存症に悩むようになります。依存症を克服した後は、レコーディング、ライブともに復活。今もなおビートを刻み続けています。

その他

ノーベル生理学・医学賞 1992年 エドヴィン・クレープス:エドモンド・...

エドヴィン・クレープスは、アメリカ出身の生化学者です。1992年に『可逆的タンパク質リン酸化による細胞プロセス調節スイッチの発見』でノーベル生理学・医学賞を受賞しました。この受賞はエドモンド・フィッシャーとの共同研究によるもので、同時受賞しています。そんなエドヴィン・クレープスの受賞までの道のりについて詳しく解説していきます。

エンタメ

シルヴァン・ショメ:『ベルヴィル・ランデブー』を制作した映画監督

シルヴァン・ショメは1963年11月10日にフランスのメゾン=ラフィットに生まれた映画監督です。美術を学んだ後、アニメーターとしての仕事をするようになり「バンド・デシネ」の作品を数多く残しています。そんなシルヴァン・ショメの作品とは、どのようなものなのでしょうか。主要な作品についてご紹介します。