• 21世紀
エンタメ

アンリ・ヴェルヌイユ:アクション映画からヒューマンドラマまで手掛ける...

アンリ・ヴェルヌイユは1920年10月15日トルコのテキルダーに生まれた映画監督です。マルセイユに移住したのち、短編映画を制作するようになり、徐々に国際的に評価されるようになっていきました。そんなアンリ・ヴェルヌイユの作品には、どのような作品が含まれているのでしょうか。主要な作品についてご紹介します。

エンタメ

アンソニー・ミンゲラ:『モース警部』や『イングリッシュ・ペイシェント...

アンソニー・ミンゲラは1954年1月6日イングランドのワイト島に生まれた映画監督です。舞台演出や脚本家として活動したのち、1991年には映画監督としてデビュー。その後『イングリッシュ・ペイシェント』でアカデミー監督賞を受賞し、高い評価を受けました。そんなアンソニー・インゲラの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

アンジェイ・ワイダ:『鉄の男』『カティンの森』を手掛けた映画監督

アンジェイ・ワイダは1926年3月6日ポーランド島北部スヴァウキで生まれた映画監督です。1955年に映画監督としてデビューしたのちはポーランド社会をテーマとした作品を次々と発表し、ポーランドを代表する映画監督の一人に数えられています。そんなアンジェイ・ワイダの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

アン・リー:『ブロークバック・マウンテン』『グリーン・ディスティニー...

アン・リーは1954年10月23日台湾南部の屏東県に生まれた映画監督です。アメリカにわたって映画製作を学んだ後映画監督としてデビューし、代表作『グリーン・ディスティニー』はアカデミー外国語映画賞を受賞しました。そんなアン・リーの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ:メキシコ出身、『21グラム』を...

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥは1963年8月15日メキシコシティに生まれた映画監督です。『21グラム』や『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』といった作品を手掛け、アカデミー賞やヴェネツィア国際映画祭で受賞するなど、現在もっとも高く評価されている映画監督のひとりです。そんなアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

アレハンドロ・アメナーバル:脚本家・作曲家としても活躍する多彩なスペ...

アレハンドロ・アメナーバルは1972年チリのサンティアゴに生まれた映画監督です。弱冠23歳で『テシス 次に私が殺される』を監督しゴヤ賞で新人監督賞と脚本賞を受賞したほか、ベルリン国際映画祭でも審査員の注目を集めました。近年も精力的に撮影活動を行っているほか、脚本家・作曲家としても活躍しており、その活動には注目が集まっています。そんなアナメーバルについて詳しく解説していきます。

エンタメ

アレックス・デ・ラ・イグレシア:『気狂いピエロの決闘』や『スガラムル...

アレックス・デ・ラ・イグレシアは1965年12月4日にスペイン・ビスカヤ県ビルバオに生まれた映画監督です。大学では哲学を学んだ後、漫画業界やテレビ業界で働き、1993年には長編映画監督としてデビュー。ゴヤ賞やスペイン映画国民賞を受賞するなど、スペインを代表する映画監督として高く評価されています。そんなアレックス・デ・ラ・イグレシアの人生と作品について詳しく解説していきます。

アート

アリアナ・ハフィントン:ハフィントン・ポストの共同創業者

アリアナ・ハフィントンは1950年7月15日アテネのギリシアに生まれたジャーナリストです。リベラル系ニュースサイト「ハフィントン・ポスト」の創設者として有名であり、フォーブズ誌による「メディア界で最も影響力のある女性」では12位に選出されました。そんなアリアナ・ハフィントンの人生について詳しく解説していきます。

エンタメ

アラン・レネ:『夜と霧』『二十四時間の情事』を手掛けた映画監督

アラン・レネは1922年6月3日フランス、ヴァンヌに生まれた映画監督です。幼いころから映画に関心を持つようになり、映画編集者として働き始めたのち短編映画を制作するようになり、1955年にはナチスによるアウシュヴィッツ強制収容所を扱った『夜と霧』を発表。その後も戦争や芸術家などをテーマとして作品制作を続けていきました。そんなアレン・レネの人生と作品について詳しく解説していきます。