• 4月
アート

アリステア・マクリーン:『女王陛下のユリシーズ号』を執筆した小説家

アリステア・マクリーンは1922年4月21日スコットランドのグラスゴーに生まれた小説家です。海洋冒険小説の不朽の名作とて名高い『女王陛下のユリシーズ号』を執筆したことで知られており、その後のスパイ小説に大きな影響を与えました。そんなアリステア・マクリーンの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

アキ・カウリスマキ:フィンランドを代表する映画監督

アキ・カウリスマキは1957年4月4日にフィンランドのオリマッティラに生まれた映画監督です。社会の底辺に属する労働者や失業者たちをテーマに作品を制作しており、その重厚な作風は高く評価され、カンヌ国際映画祭や東京国際映画祭などで高く評価されました。そんなアキ・カウリスマキの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

ミロス・フォアマン:『アマデウス』を制作した映画監督

ミロス・フォアマンは1932年2月18日チェコスロバキアのチャースラフに生まれた映画監督で、チェコ・ヌーヴェルヴァーグの一員として知られる人物です。特に1984年には『アマデウス』でアカデミー監督賞を受賞したことで話題になりました。そんなミロス・フォアマンの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

ホウ・シャオシェン:『非情城市』や『珈琲時光』を制作した映画監督

ホウ・シャオシェンは1947年4月8日中国広東省梅県に生まれた映画監督です。兵役についたのち、国立芸術専科学院を卒業。その後は脚本家や助監督といった仕事を経て、1980年には映画監督としてデビューすることになります。その作品は叙情豊かに描かれているのが特長であり、中国を代表する映画監督の一人に数えられています。そんなホウ・シャオシェンの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

エドウィン・S・ポーター:西部劇の元祖

エドウィン・S・ポーターは1879年4月21日アメリカ合衆国ペンシルバニア州コネルズビルに生まれた映画監督です。アメリカ映画の基礎を築いた一人とされており、代表作『大列車強盗』はアメリカ映画としてはじめてストーリーをもつ映画としてアメリカ映画を代表する一作となっています。そんなエドウィン・S・ポーターの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

リチャード・ドナー:『スーパーマン』『オーメン』を制作した映画監督

リチャード・ドナーは1930年4月24日アメリカ合衆国ニューヨークに生まれた映画監督です。ニューヨーク大学で演劇を学んだ後俳優としてキャリアをはじめたものの、やがて映画監督となり『スーパーマン』や『スクリーム』などで高い評価を得るようになっていきました。そんなリチャード・ドナーの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

ラース・フォン・トリアー:『ダンサー・イン・ザ・ダーク』を制作した映...

ラース・フォン・トリアーは1956年4月30日にデンマークのコペンハーゲンに生まれた映画監督です。ドグマ95という映画の方法論に大きく関与しているほか、さまざまな制作スタイルに取り組んでおり、デンマーク映画を国際的に広めた人物としても知られています。そんなラース・フォン・トリアーの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

フレッド・ジンネマン:『ジャッカルの日』や『尼僧物語』を制作した映画監督

フレッド・ジンネマンは1907年4月29日にオーストリア=ハンガリー帝国のウィーンに生まれた映画監督です。信念を貫く人物を主人公とした作品を制作したことで知られており、また自らもハリウッドの中で商業主義的な映画製作に批判的な態度を示すなど、信念を押し通す映画人として知られていました。そんなフレッド・ジンネマンの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

ドミニク・セナ:『60セカンズ』や『ソード・フィッシュ』を制作した映画監督

ドミニク・セナは1949年4月26日アメリカ合衆国オハイオ州ナイルズに生まれた映画監督です。王書はミュージック・ビデオを制作する仕事に携わっていたものの、1993年には『カリフォルニア』で長編映画監督デビュー。その後も『60セカンズ』や『ソード・フィッシュ』といった話題作を制作しました。そんなドミニク・セナの人生と作品について詳しく解説していきます。