• 6日
エンタメ

アンソニー・ミンゲラ:『モース警部』や『イングリッシュ・ペイシェント...

アンソニー・ミンゲラは1954年1月6日イングランドのワイト島に生まれた映画監督です。舞台演出や脚本家として活動したのち、1991年には映画監督としてデビュー。その後『イングリッシュ・ペイシェント』でアカデミー監督賞を受賞し、高い評価を受けました。そんなアンソニー・インゲラの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

アンジェイ・ワイダ:『鉄の男』『カティンの森』を手掛けた映画監督

アンジェイ・ワイダは1926年3月6日ポーランド島北部スヴァウキで生まれた映画監督です。1955年に映画監督としてデビューしたのちはポーランド社会をテーマとした作品を次々と発表し、ポーランドを代表する映画監督の一人に数えられています。そんなアンジェイ・ワイダの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

マイク・ニコルズ:グラミー賞、アカデミー賞、トニー賞、エミー賞を受賞...

マイク・ニコルズは1931年11月6日にヴァイマル共和国ベルリンに生まれた映画監督です。ユダヤ人迫害から逃れるためにアメリカにわたり、その後シカゴ大学で医師になるべく勉強していたものの中隊。その後俳優としてのキャリアを積んだのち、『バージニア・ウルフなんかこわくない』や『クローサー』といった作品を発表したことで話題になりました。そんなマイク・ニコルズについて詳しく解説していきます。

エンタメ

ヴィンチェンゾ・ナタリ:『キューブ』や『カンパニー・マン』を制作した...

ヴィンチェンゾ・ナタリは1969年1月6日にアメリカ合衆国ミシガン州デトロイトに生まれた映画監督です。SFやホラー映画を多く手掛けていることで知られており、特に『キューブ』はホラー・パニック映画として高い評価を得ました。そんなヴィンチェンゾ・ナタリの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

フランソワ・トリュフォー:ヌーヴェル・ヴァーグを代表する映画監督

フランソワ・トリュフォーは1932年にフランスのパリに生まれた映画監督で、ヌーヴェル・ヴァーグを代表する映画監督の一人といわれている人物です。『大人は判ってくれない』や『アメリカの夜』といった作品を制作し、映画作家のアレクサンドル・アストリュックからは「愛のシネアスト」とも呼ばれました。そんなフランソワ・トリュフォーの人生と作品について、詳しく解説していきます。

アート

ルネ・ラリック:ジュエリー・デザイナーからガラス工芸家へ

ルネ・ラリックは1860年フランス、シャンパーニュに生まれた芸術家です。アール・ヌーヴォーとアール・デコの両時代に渡り活躍したことでも知られており、当初はジュエリー・デザイナーとしてキャリアを確立したものの、50歳過ぎになってからガラス工芸の経営者に転身するなど、さまざまな工芸に取り組んだ多彩な人物でもありました。

その他

ノーベル生理学・医学賞 1992年 エドヴィン・クレープス:エドモンド・...

エドヴィン・クレープスは、アメリカ出身の生化学者です。1992年に『可逆的タンパク質リン酸化による細胞プロセス調節スイッチの発見』でノーベル生理学・医学賞を受賞しました。この受賞はエドモンド・フィッシャーとの共同研究によるもので、同時受賞しています。そんなエドヴィン・クレープスの受賞までの道のりについて詳しく解説していきます。

その他

ノーベル生理学・医学賞1980年ジョージ・D・スネル:マウスを使って主要組...

ジョージ・D・スネルはアメリカの遺伝学者兼移植免疫学者です。「免疫学的相互作用を規制する、遺伝的に決定できる細胞表面の構造に関する発見」という内容で1980年にノーベル生理学・医学賞を受賞しました。多数のマウスを使い主要組織適合遺伝子複合体(MHC)の発見をしたことでも知られています。

その他

ノーベル生理学・医学賞1964年フェオドル・リュネン:ドイツの生物、化学...

ドイツの生化学者フェオドル・リュネンは、1964年に『コレステロール、脂肪酸の代謝と調節の機構に関する研究』でノーベル生理学・医学賞を受賞しました。リュネンの最大の功績は、糖質、たんぱく質とともに三大栄養素と呼ばれる脂質の主な構成要素である脂肪酸の代謝やコレステロールについて解明したことです。今回はそんなフェオドル・リュネンの生涯や彼が行った研究ついて詳しく解説していきます。