• 6月
エンタメ

アンソニー・マン:『遠い国』『ローマ帝国の滅亡』を制作した映画監督

アンソニー・マンは1906年6月30日アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴに生まれた映画監督です。当初は俳優として活躍していたものの、監督業に進出。西部劇を中心とするヒット作を連発して、ハリウッド黄金期を築き上げました。そんなアンソニー・マンの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

アラン・レネ:『夜と霧』『二十四時間の情事』を手掛けた映画監督

アラン・レネは1922年6月3日フランス、ヴァンヌに生まれた映画監督です。幼いころから映画に関心を持つようになり、映画編集者として働き始めたのち短編映画を制作するようになり、1955年にはナチスによるアウシュヴィッツ強制収容所を扱った『夜と霧』を発表。その後も戦争や芸術家などをテーマとして作品制作を続けていきました。そんなアレン・レネの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

ラッセ・ハルストレム:『ギルバート・クレイプ』『ショコラ』を制作した...

ラッセ・ハルストレムは1946年6月2日スウェーデンのストックホルムに生まれた映画監督です。1975年に監督としてデビューして以来、『ギルバート・クレイプ』や『サイダーハウス・ルール』、『ショコラ』などさまざまな作品を発表してきました。そんなラッセ・ハルストレムの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

メル・ブルックス:コメディ映画の巨匠

メル・ブルックスは1926年6月28日にアメリカ合衆国ニューヨーク州ブルックリンに生まれた映画監督です。ニューヨーク市立大学ブルックリン校で心理学を学んだ後、士官候補生となり、軍務を終えてからはコント作家として活動。のちに映画監督に転向し、ユニークな作品を数々手がけていきました。そんなメル・ブルックスの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

ボブ・フォッシー:『キャバレー』『オール・ザット・ジャズ』を制作した...

ボブ・フォッシーは1927年6月23日アメリカ合衆国シカゴで生まれた映画監督です。ダンサー兼振付師としてキャリアをはじめ、『キャバレー』や『フォッシー』といった作品を制作。アメリカを代表する映画監督の一人として称賛され続けています。そんなボブ・フォッシーの作品について、詳しく解説していきます。

エンタメ

ファレリー兄弟:障碍者を新しい視点で描く映画監督

ファレリー兄弟は1956年12月17日アメリカ合衆国ペンシルバニア州フェニックスヴィルに生まれたピーター・ファレリーと1958年6月17日アメリカ合衆国ロードアイランド州カンバーランドに生まれたボビー・ファレリーの兄弟監督のことを指します。2人は過激でばかばかしいストーリーながらも愛すべきロマンティック・コメディを制作し、また本物の障碍者を必ず障碍者の役で登場させることで知られています。そんなファレリー兄弟の人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

リー・タマホリ:『007 ダイ・アナザー・デイ』や『戦場のメリークリスマ...

リー・タマホリは1950年6月17日にニュージーランドのウェリントンに生まれた映画監督です。『007 ダイ・アナザー・デイ』や大島渚監督の『戦場のメリークリスマス』で助監督を務めたことでもしられています。そんなリー・タマホリの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

フランコ・ゼフィレッリ:『ロミオとジュリエット』『ナザレのイエス』な...

フランコ・ゼフィレッリは1923年2月12日イタリアのトスカーナ州フィレンツェに生まれた映画監督です。ウィリアム・シェイクスピアの作品をいくつも映画化したことで有名であり『ロミオとジュリエット』や『じゃじゃ馬ならし』などは高い評価を得ました。そんなフランコ・ゼフィレッリの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

ジャック・ドゥミ:ヌーヴェル・ヴァーグの左岸派として活躍した映画監督

ジャック・ドゥミは、1931年6月5日にフランス西部のポンシャトーで生まれました。映画監督のジャン=リュック・ゴダールやフランソワ・トリュフォーらと共に活躍し、「ヌーヴェル・ヴァーグの左岸派」の一人として高く評価されています。そんな彼の人生と作品について詳しく解説していきましょう。

その他

ヴェルナー・アーバー:制限酵素を発見し応用した微生物学者

ヴェルナー・アーバーは、スイス出身の微生物学者・遺伝学者です。当初は電子顕微鏡法の助手を務め、電子顕微鏡をより効率的に使うあれこれを研究していました。その後は、放射線における遺伝子への影響の研究や、制限酵素の発見とそれを応用した遺伝子組み替え技術を開発しました。これは、遺伝子工学的には、画期的な事です。それらの功績が認められ1978年同じ制限酵素について研究していたダニエル・ネーサンズとハミルトン・スミスと共にノーベル生物学・医学賞を受賞しました。